病気と免疫の関連

病気と免疫の関連について

風邪は免疫力の低下が原因の病気

「疫(疾患)」を「免れる」と書いて免疫と言います。これは、ウイルスや細菌などの病原体から自分自身の体を守る生体の防御システムです。また、外からの防御だけではなく、体内で異常細胞が作られようとしている時にそれを排除したり、老廃物を除去する働きもあります。私たちの体はこの防御システムによって、健康な日々を過ごすことができます。しかしこの免疫力が低下すると、色々な病気を引き起こしてしまいます。体内でこの防御システムが低下すると、悪性腫瘍やアレルギー、膠原病などの病気に罹りやすくなります。外からの防御力が低下すると、風邪をひいたり感染症に罹りやすくなります。

免疫と病気はどう関連しているの

免疫とは、「疫(疾患)」を「免れる」という意味からできた言葉です。外から入って来る異物や細菌やウイルスを排除することで体を健康に保つ働きがあります。ワクチンを接種して病気を予防するのも、この働きを利用したものです。しかし、時にはこの機能が正常に働かず病気を引き起こすことがあります。この機能が低下すると、風邪をひきやすいなど、感染症に罹りやすくなります。また、この機能が何らかの誤作動をおこして自分自身の体を攻撃してしまうことがあります。アレルギーや膠原病や悪性腫瘍は、免疫システムの誤作動だと考えられています。

↑PAGE TOP