免疫トラブルとは

免疫トラブルについて

免疫力が低下すると病気に

免疫力が低下すると冷え性や低体温症を引き起こし、体の機能がうまく働かず病気になってしまうことがあります。ストレスによっても低下することが多く、風邪や様々な感染症、がんといった病にかからないためには、日々の生活を見直すことが大切になります。ストレスがたまりすぎてしまった場合、自律神経も乱れてきます。自律神経は生命を司っているものであるので、乱れることによって、体の中に侵入してきたウイルスや遺伝子によって癌化された細胞を排除することができなくなり、病気を発症してしまいます。湯船にしっかりと入る、好きな音楽を聴くなど自分に合った方法で解消するようにします。

免疫トラブルは低下だけではない

自己免疫疾患としては、甲状腺機能亢進症が挙げられ甲状腺刺激ホルモンの受容体抗体による刺激で甲状腺刺激ホルモンが過剰分泌されます。この様に、自己を攻撃してしまうものや、花粉症の様に外部からの異物に過剰に反応してしまい免疫が働く事を止められずいつまでも異常に働いてしまうものもあります。また、逆に完全に働かなくなると人の体内・体外に存在する本来病原性の弱いものですら病気になってしま場合もあります。なおアレルギーの病気が増える要因として子供の頃からあまりに衛生的な生活に体が慣れすぎている事が指摘されており、体が適切な反応を学習する機会を奪われて成長し抗体が過剰に反応してしまう為です。

↑PAGE TOP