プリン体と痛風の関係

プリン体で痛風になる!?

痛風とは?プリン体との関係

健康診断などで尿酸値が高いと言われたことはありませんか?核酸の構成成分(アデニン、グアニン)であるプリン体の代謝産物である尿酸が血液中で増加した状態を高尿酸血症といいます。尿酸が高くてもはじめのうちは無症状です。ですが、突然激烈な痛みの関節炎発作が生じます。この発作を痛風とよびます。発作の多くは、夜間に突然、片側の足の親指の付け根に生じます。普段の食事でプリン体を多く含む食品を控えることで、かしこく痛風予防をしましょう。

中性脂肪を下げるサプリメント

中性脂肪を下げるサプリメントにはDHAとEPAがあり、DHAとEPAは血管壁に付着している脂肪を取り除いて、血の巡りを良くする働きがあります。脳の血行も良くなるため、認知症の予防改善効果も期待できます。水溶性食物繊維が配合されているサプリメントも中性脂肪を下げる働きがあり、肥満症の改善などに役立ちます。水溶性食物繊維には難消化性デキストリンなどがあり、難消化性デキストリンはサプリメントだけでなく、健康茶にも配合されています。

↑PAGE TOP