病気にならないために

病気にならないためには

病気にならないために免疫力を

病気と深い関係にあるのが免疫力です。低下してしまうと様々な病にかかりやすくなり、体が健康でなくなってしまいます。そのため体を健康に保つためには、免疫力をつけることが大切になります。向上するには入浴や食生活の見直し、有酸素運動を行う、ストレスをためない、ということが大切になります。食生活においてはショウガやナッツ類、サバやアジ、卵、鶏肉といった体を温めるものを多く食べると良く、体温が上昇し、体に入ってくる病原菌を排除することができます。また、筋肉量が減ると体温も低下してきて病気になりやすくなるので、軽く汗をかく程度に運動を行うようにします。

免疫をつけた方が病気にならない

世の中には病気になりやすい人となりにくい人がいます。少し雨に当たったからといってすぐ風邪をひく人もいれば風邪をひいたことがないという人もいます。この違いは免疫力にあります。これがあがれば、いつも体調を崩すことなく元気でいられることがあります。それには腸が元気でいる状態にすることも大きいです。腸内環境がいいと、便通もよくなりますし体全体の血流もよくなるので、自己免疫力も上がり病気になりにくくなります。それには食事や体調管理に気を遣うことと、適度な運動を心がけていくことも大切です。ヨガをやることもいいでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP